蓮華岳 -コマクサが乱舞する山-


正面に蓮華岳とその右側に針ノ木岳、スバリ岳を望む(右側の白い縦の線が針ノ木雪渓)
標高2799mの蓮華岳は針ノ木峠の東側に位置し、おおらかな山容とコマクサの群生地として知られている。

針ノ木峠は戦国の武将・佐々木成政が冬の針ノ木峠越えをした事で良く知られております。

山頂からは針ノ木岳から後立山連峰南部の山々やその後側には立山連峰から劔岳がそびえ立つ。

また槍や穂高連峰の眺望もすばらしい。

7月中旬からはコマクサが咲き、静かな山もにぎわいを見せる。


・所要時間
扇沢-(1時間30分)-大沢小屋-(30分)-雪渓取り付き地点-(50分)-雪渓終了地点-(1時間15分)-針ノ木峠-(50分)-蓮華岳山頂
所要時間合計4時間55分(休憩時間含まず)


針ノ木峠の指標

針ノ木峠に建つ針ノ木小屋

針ノ木峠までの行程は針ノ木岳のページを参照してください。

針ノ木岳のページへ


針ノ木峠より蓮華岳へ登る途中より針ノ木岳を写す

蓮華岳は針ノ木峠からのアプローチが容易です。始めは急な登りとなりますが、山頂部の砂礫の個所に入りますとなだらかな登りとなり、コマクサや数々の高山植物も見られるようになります。山頂には若一王子(にゃくいちおうじ)神社奥社が祀られている。

立山連峰や劔岳の眺望を楽しみながら山頂までのゆるやかな登りが心地良いです。

-記・写真 山田 輝ー

砂礫の山頂部を行く登山者




コマクサの群落を眺めながら


コマクサの花束

チングルマのささやき


手前スバリ岳と後ろ立山連峰を望む


夏雲が湧く劔岳を望む


岩場の間に元気に咲く花たち

タカネヤハズハハコ


蓮華岳山頂を撮る
山頂部の砂礫地帯と山頂を望む。山頂から東側には大町市街地が望める。
市街地を見下ろすように若一王子(にゃくいちおうじ)神社奥社が祀られている。





記・写真 山田 輝


山頂付近より立山連峰と劔岳の全容を撮る

アクセス
[車]長野自動車道豊科ICから国道147号線へ信濃大町から扇沢へ
[電車]信濃大町駅より(川中島バス、松本電鉄バス、北アルプス交通バス40分)
お問い合せ
大町市商工観光課 0261-22-0420




コマクサ

信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。


・周辺情報
立山黒部アルペンルート
立山 夏の室堂
立山黒部の写真集
弥陀ヶ原の紅葉
宇名月温泉 黒部渓谷とトロッコ電車
立山室堂・雪の大谷
立山連峰雄山登山
立山連峰縦走コース
名峰・剱岳
大日岳連峰