戸隠森林植物園・水芭蕉


戸隠森林植物園、見頃最盛期の水芭蕉園(2008/5/10撮影) 
戸隠動画へ
戸隠森林植物園の水芭蕉園はその花の大きさ(仏焔胞)と密集度は目を見張る素晴らしさがあります。

例年5月の連休以降が見頃となりますがその年により多少のずれはあります。

50万株にも及ぶ水芭蕉の群落は木道のすぐ近くにてみる事が出来、

そのダイナミックさは見る人に圧倒感を覚えさせる迫力があります。

駐車場からの交通の便もよく、遊歩道も完備されておりますので、軽装にて手軽に高原の水芭蕉を楽しむ事ができます。

そばの里戸隠の春の名物ともなっております。


・2013年戸隠森林植物園春の情報
[2013/4/21情報]
戸隠森林植物園の水芭蕉は一部雪解けの進んだ箇所からはちいさな芽を出し始めておりますが、まださみしい状態です。

ここ2,3日寒い日となっており、山沿いでは雪となっており、開花も足踏み状態です。週明け後は気温も上昇するとの予報ですので、雪解けと開花が進んで来るでしょう。
5月の初め頃からが見頃と思われます。

[2013/4/15情報]
戸隠の森林植物園はまだ雪の下です。もうすこし雪解けが進めば、水芭蕉も顔を出して来るでしょう。
また奥社までの参道も随神門まではだいぶ溶けて来下りますが、その先はまだ多くの残雪があり、足元をしっかりしたトレッキングシューズや登山靴が必要です。

・2012年戸隠森林植物園春の情報
[2012/5/12情報]
戸隠森林植物園の水芭蕉は8分咲きの状態となって来ており、見頃を迎えております。
園内の残雪もほとんど消えて、水芭蕉やリュウキンカが春の訪れを告げております。

またカタクリやニリンソウも咲き始め、よりいっそう華やかさが増して来ております。
水芭蕉もこれから1週間くらいは充分に楽しめます。

見頃を迎えた戸隠森林植物園の水芭蕉 2012/5/13撮影
5月13日の日曜日に戸隠へ取材に出掛けました。森林植物園の水芭蕉も見頃となってきており、多くの人達が訪れておりました。
奥社参道も雪が解け、肌寒い感じでしたが、日差しが出ており気持ち良く多くの人達が奥社までの道のりのウォーキングを楽しんでおりました。

残雪の残る戸隠山も青空に映え、くっきりと荒々しい山容を見せておりました。
駐車場はどこも満車で状態で、名店のおそば屋さんは行列をしておりました。 (2012/5/13情報)

奥社参道も雪が解け、多くの人達が行き来しておりました 2012/5/13撮影

・2011年戸隠森林植物園春の情報
[2011/5/07情報]
戸隠森林植物園内の雪はほとんど消えて、水芭蕉も顔を出し始めて来ております。まだその数は少ないですが、春の訪れを感じさせる雰囲気となって来ております。園内にはイチゲやカタクリなども咲き始めて来ております。

水芭蕉も全体的には3,4分程度の開花状況といえます。最盛期の見頃まではあと1週間から10日位と思われます。

奥社参道もにぎわいを見せて来ております。随神門より先は残雪も多くありますので、奥社行かれる場合は足元を充分注意して行って下さい。


雪も溶けあちらこちらから水芭蕉も顔を出し始める 2011/5/07撮影

にぎわいを見せる随神門の奥社参道より 2011/5/07撮影

咲き始めた水芭蕉 2011/5/07撮影

奥社参道入り口の鳥居より 2011/5/07撮影
[2011/5/02情報]
戸隠森林植物園は全体的にはまだ残雪が40cm〜50cmほどある状態です。植物園内の木道は雪が消えて、歩行は普通に出来ます。植物園内の一部は雪解けも始まっており、水芭蕉も顔を出し始めております。全体的には水芭蕉は1分咲きと行ったところです。

戸隠古道の奥社への参道は随神門までは雪が消えておりますが、随神門から先は残雪がありますので、奥社までウォークされる方はトレッキングシューズなど装着した方が良いでしょう。

芽吹きはまだはじまっていない戸隠高原です。


[2011/4/15情報]
戸隠森林植物園の水芭蕉は、まだ深い雪の下に埋まっております。今年の冬は雪も多く、寒い冬でしたので、雪解けも遅くなり、水芭蕉が顔を出すのは連休過ぎになると予想されます。

植物園内は1mから多いところでは1m30cmほどあり、まだ冬の気配です。これからは気温も徐々に上がり始め、雪解けのピッチも上がって来ると思われます。



戸隠森林植物園 の水芭蕉 2002/5/9撮影


見頃の水芭蕉園 2006/5/25撮影


見頃の水芭蕉園 2008/5/10撮影

戸隠森林植物園の水芭蕉園は奥社にも近く
水芭蕉の後は戸隠神社奥社への散策が楽しめます。

戸隠森林植物園の水芭蕉群生地は、新緑の芽吹きも始まりました。
また園内には水芭蕉と一緒に色々な山野草が咲いています、山野草が好きな方にはおすすめです。
今水芭蕉と一緒に咲いている山野草、カタクリ、イチゲ、ニリンソウ、リュウキンカ、エンレイソウ、サンカヨウ、イカリソウ、ツクバネソウ、バイケソウなど多数。

北信濃の花とネイチャーウォークの旅


木道より見頃の水芭蕉を楽しむ人たち


寄りそって咲くカップルの水芭蕉


水辺に固まって咲く水芭蕉群


リュウキンカと水芭蕉



アクセス
[車]上信越自動車道長野ICから60分、上信越自動車道信濃町ICから30分 ・北信州map
[電車]JR長野駅からバス70分
お問い合せ
水芭蕉の見頃は、4月下旬から6月上旬、最盛期5月上旬から中旬
その年の気候により見頃が変わりますので現地へお問い合せの上お出かけ下さい。
長野市戸隠
長野市産業振興部観光課 TEL026-224-5042・戸隠観光協会 TEL026-254-2888





-いつまでも残したい信州の自然風景-
信州の旅.com」の読者が選んだ、信州の美しい自然風景やダイナミックな大自然が造り出した絶景の造形美をご紹介しております。

信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。

風情豊かな北信濃の旅へ

北信濃のブナの森
豊かなブナの森に恵まれ、美しい北信濃の風景を背景に、四季を通じて、旅のプランを提案しております。風さわやかな北信濃に、旅の風情を楽しみにいらっしゃいませんか。
信州ネイチャー倶楽部・旅のプランへ



ニリンソウも可憐な花の群落を見ることが出来る


園内では多くのカタクリの花がたのしめます。


戸隠森林植物園 の水芭蕉


戸隠牧場入口近くの水芭蕉園

・周辺情報