宇木の古代桜 -山ノ内町夜間瀬宇木-


大久保のしだれ桜 2010/4/18撮影
北信州山之内町夜間瀬の宇木地区には古代よりつなぐ桜の大樹が多く見られます。


まだあまり広く知られておらず、一部の愛好家のみが知る幻の桜です。

2010年春より地域おこしとして、地域の人達がこの素晴らしい「宇木の古代桜」を多くの人達に楽しんでもらえればと思い立ち、

パンフレットの作成や案内看板、駐車場等を設置して、広める運動を起こしました。

特に「宇木の千歳桜」は樹齢850年を数え、長野県の天然記念物に指定されております。4月中頃から下旬にかけて見事な桜が咲き誇ります。



高社山の山裾に広がる山ノ内夜間瀬宇木地区の風景


山ノ内夜間瀬宇木地域は冬は多くの雪に覆われ、春を迎える憧れは強く、古い時代から春の楽しみとして、桜を愛で、季節の喜びを謳歌してきた地域と言えます。

現在は果樹の栽培やいろいろな農産物を育て、心豊かにゆったり時が流れる北信州ののどかな地域として知られております。

地域の人達はこの地域の歴史ある宝を地域おこしとして、全国の皆さんにも楽しんでもらえればと2010年春より古代桜の情報の発信を始めました。




宇木の区民会館 
祭り期間中は地区の特産品を販売中

桜の期間の臨時駐車場看板


美しい北信州の風景が望める山ノ内町、夜間瀬宇木地区より信越国境の山々を望む


アクセス
[車]上信越自動車道 信州中野ICより20分
お問い合せ
山ノ内町役場 観光商工課 0269-33-1107

宇木の古代桜マップ



信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。


・周辺情報