木曽の霊峰 木曽御嶽山(3067m) 


田の原登山口附近より御嶽山全景を望む
木曽御嶽山は古くから信仰の山として、多くの人達により神聖視され、親しまれて来ました。

今なお水蒸気を吹き上げ続けている活火山で、山頂付近には多くの火口湖が見られる。

最高点は剣ヶ峰(3067m)で頂上には嶽岳神社本宮が安置されております。

山頂付近には多くの池などが点在し、コバルトブルーのその色合いは神秘的とも言えます。

登山口も王滝口コース、黒沢口コース、開田口コース、飛騨口コース他など多くの登山口を有し、山のスケールの大きさと、人気度が伺えます。

登山道には厚い信仰を今に伝える、霊神碑や石碑などが随所に残り、
神々に守られ登っている気を感じます。



[2014年10月4日情報]
御嶽山は噴火から1週間が経ち、本日(10月4日)に新たに4人の犠牲者を下山し、合わせて48人の犠牲者を確認致しました。しかしまだ12人の不明者が取り残されている状況となっております。

御嶽山は2014年9月27日11時52分に大噴火を起こし、今も噴煙を出しつづけて下ります。
山頂付近は有毒ガスや噴煙の堆積や火山灰が降り続けており、非常に危険な状態です。山頂に残された心肺停止の人達(約40人)の救助が急がれております。
[2014年9月28日情報]

・所要時間
田の原登山口-(1時間)-八合目-(40分)-九合目-(1時間)-王滝頂上-(30分)-御嶽山剣ヶ峰
合計所要時間3時間10分(休憩時間含まず)

 
田の原公園駐車場
 
御嶽山登山道の石碑

 

 
田の原口登山道入り口

 
田の原登山口よりすぐの地点より御嶽山全景を望む

 
大江権現
 
序盤の登山道を行く

 
途中より振り返り、開けて来た景色を望む(眼下に田の原登山口が望める)

 
途中より中央アルプスを望む

 
仏像の社
 
霊神碑

 
途中の登山道を行く登山者

 
八合目の石室
 
九合目の石室

 
王滝頂上山荘に到着
 
王滝頂上指標

 
王滝頂上にて御嶽神社頂上奥社本宮

 
王滝頂上付近より剣ヶ峰全景を望む

 
剣ヶ峰への途中、中央アルプス方面を望む

 
剣ヶ峰への最後の階段
 御嶽山は標高が3000mを越しているのにもかかわらず、標高2180mの田の原口からの朝のスタートが早ければ、日帰りが出来るコースとなっており、夏の季節には多くの登山者で賑わいます。

100名山にも数えられ、上部からの眺望は素晴らしく、日本を代表する山と言えます。

記・写真 山田 輝男


 
剣ヶ峰山頂に到着、嶽岳神社本宮 

 
御嶽山山頂指標(3067m) 眼下に二の池を望む

 
山頂にてくつろぐ人達

 
山頂より二ノ池と摩利支天山を望む

 
山頂より中央アルプス方面と王滝山頂を望む

 
山頂にて雄大な景色に見とれる登山者

アクセス
[車]木曽街道国道19号線、長野方面からは木曽福島より少し先の中平を右折、王滝村経由田の原公園(御嶽山登山口)へ(国道19号線より約50分)
お問い合せ
王滝村役場 0264-48-2001
御嶽観光センター・田の原山荘 0264-48-2311
王滝頂上山荘 0264-48-2311



信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。

-いつまでも残したい信州の自然風景-
信州の旅.com」の読者が選んだ、信州の美しい自然風景やダイナミックな大自然が造り出した絶景の造形美をご紹介しております。

・季節の輝きを求めて
信州の季節が織りなす瞬間の美しさを画像にて一同に紹介し、楽しんでいただいております。


・周辺情報