今魔法のショートスキーがおもしろい!! ショートスキーの魅力について


ショートスキーでパウダーをジャンプターンで軽快に遊ぶ
明治44年にスキーが日本に伝わり、100年の歴史を歩んで来た日本のスキー界でありましたが、その変遷の中で、スキーの長さはより短くなって来ました。

日本にスキーが伝わった当時のスキーの長さは2m30センチ程と言われております。一本杖で、それをテコにして回ると言う方式がとられておりました。

それから時代の流れとスキー技術の向上、金具やスキー靴の進化と変遷を繰り返し、よりスキーの長さが進化し短くなってきました。

1990年代の初めの頃からカービングスキーの出現によりスキーの板の長さはより短く、安定性のあるスキーと進化し、近年130cm近辺のショートスキーが多く製造され、スキー技術の短期の習得に効果を発揮し、愛好者が増えて来ております。

これから注目のスキーになって来る事が予想されます


ショートスキーには
ショートスキーには一般的に言って、ファンスキー、スキーボード、スノーブレード(サロモンの商標)、ショートスキーなどの名称で呼ばれております。

100cm以上のセーフティビンディング付のショートスキーの長さは正式な規定はありませんが、滑走能力と操作性能において120cmから140cm以内がショートスキーと呼ばれる範囲内が暗黙の了解とされているようです。

スキーボード(ファンスキー)とは
スキーボードは英語読みでアルペン用のスキー板の一つで、日本におきましてはファンスキー(日本だけの呼び名)の呼び名で親しまれております。

特徴は長さが100cm未満で、トップとテールが反りかえったツインチップの形状で、後にも滑れるように出来るための形状といえます。

ビンディングは固定式簡易ビンディングで市販されております。
(ドイツの規格協会では100cm未満のスキー板に関しましては、セーフティビンディング(解放機能)の必要がなく、100cm未満のファンスキーなどには固定式簡易ビンディングが使用されております)

固定式簡易ビンディング
(100cm以下のファンスキー用)

セーフティビンディング(解放機能付き)
(100cm以上のショートスキー用)

解放機能とは
100cm以上の普通のスキーにはセーフティビンディング(解放機能)が付いており、スキーブーツに一定以上の力が加わるとスキー板が外れる仕組みになっており、転倒などの際に骨折やじん帯などへの負担が解放される。

ファンスキーなどの固定式簡易ビンディングは、ブーツが板に固定されており、一定以上の力が加わっても、スキー板が自動的に外れる解放機能が無い。そのため、緩斜面などでのちょっとした転倒でも、靱帯を痛めたり骨折してしまうなど大怪我に繋がる可能性もあるため、充分な注意が必要です。

また一般のスキーに付きましては2本のストックを用いますが、ファンスキーはストックを持たないで滑る事が一般的です。

ファンスキーの魅力とは
短いスキーのため操作が容易で、さまざまなトリックや技にチャレンジ出来る楽しさがあります。

ファンスキーの全体像

スノーブレードとは
スノーブレードはサロモンが1997年に開発、販売を始めた長さ90cmのショートスキーの事を云います。現在ではファンスキーの総称として呼ばれております。機能はファンスキーと同じです。

解放機能付きショートスキー
100cm以上のスキーにはセーフティビンディング(解放機能)の装着が義務付けられております。
1990年代の半ば頃よりカービングスキーが台頭し、スキーの長さがより短く、また性能がより高くなってきました。

近年、中級者までのスキー愛好家には、スキー操作が容易で、簡単にパラレルの技術が習得出来る120cmから140cmくらいのスキーに人気が出て来ております。

長さ123cmのオガサカスキーのYOIDONのショートスキー(現在デザインは変わっております)

初心者でも1日のレッスンでパラレルターンの技術が習得出来、スキーの楽しさや爽快感が倍増されたという事実が実現しております。

ファンスキーとの違いはスキー操作の安定性です。ファンスキーの場合は100cm以下と言うこともあり、いい位置に体重がきちんと乗って滑らないとスキー板に大きなブレが出て、滑走中に不安定なスキー操作となります。エッジの長さも短すぎるためエッジング操作も難しくなります。
その点セーフティビンディングのショートスキーはビンデイングの重さとスキーの長さ、エッジの雪面点が有効に働き、スキーの安定性や操作能力が倍増され、快適なスキー操作と安定性がもたらされます。

ゲレンデ等で滑る場合はノーストックでいろいろなアクションを入れながら滑るのもgoodです。

1日のレッスンでパラレルターンを習得し、中斜面をカービングターンで楽しむ事が出来る魔法のスキー。

オガサカスキーの「YOIDON」ショートスキーのレッスン風景

菅平高原スキー場においてオガサカスキーの「YOIDON」の一般向けレッスン会が開催されます。
題して
「魔法のスキー」であなたもゲレンデの主人公
詳細に付きましてはこちらをご覧下さい。

現在市販されている人気のセーフティビンディング付のショートスキー

ショートスキー(SHORT KART  WITH L10SC)
長さ:125cm
サイドカット:112/78/102(トップ、センター、テール)
重さ:1,58kg
市販価格:34650円(金具付き)セール価格24200円

ショートスキー(ETL123)
長さ:123cm
サイドカット:112/75/99,5(トップ、センター、テール)
重量:2,4kg
市販価格:36750円(金具付)セール価格25700円
ショートスキー(123YOIDON-1
長さ:123cm 
サイドカット:108/68/98
メーカー希望小売価格 \64,050(消費税込)金具付
オガサカ ショートスキー(123YOIDON-2)
長さ:123cm 
サイドカット:102/64/89
メーカー希望小売価格 \53,550(消費税込)金具付
ロシニョール ショートスキー(ZENITH2 120)
長さ:120cm
サイドカット:102/68/90
重量:2000g(2分の1ペア)
市販価格:24800円(金具付き)
ショートスキー
長さ:120cm、130cm
サイドカット:115/68/104(トップ、センター、テール)
市販価格:38200円(金具付)
K2ショートスキー
K2ロッカーショートスキー
長さ:119cm、129cm
PRIZA SHORT
長さ:120cm
市販価格:24900円
ショートスキー(ZUMA TYPOS)
長さ:120cm
サイドカット:106/70/98
市販価格:28000円(金具付)

ショートスキーは技術の取得が早く、スキーが短時間で楽しく滑れるようになり、初心者の講習会やスキー修学旅行でも積極的に取り入れられ、生徒達のスキー体験をサポートしております。

カービングスキーの普及により、スキーの長さもより短くなり、しかも安定性、安全性に配慮されており、なおかつスキー操作が容易になり、初心者でも早ければ1日で、パラレルターンを習得し、ゲレンデを颯爽と滑る楽しさが味わえるようにスキーが進化して来ております。

今後は増々ショートスキーがスキー初心者におけるスキーへの導入が人気化して来るでしょう。
今後は120cmから130cmくらいのセーフティビンディング(解放機能)付のスキーが主流となりそうな傾向です。


ショートスキーでのレッスン風景


並ぶショートスキー

ショートスキーに乗って


レッスン1日目の基本レッスン風景



欲しかったショートスキーを
shopで探す

・捜していたスキー・スノーボード用品を見つけよう。
・オークションでほしかったスキー・スノー ボードを1円からゲット


長野県観光PRキャラクターの「アルクマ」スキー発祥100周年でスキーを楽しむ、今年の冬は信州においで下さい
楽しいプランがいっぱいです









魔法のショートスキーにてスキー初心者のレッスンを積極的に進めているスキースクールや宿泊施設

菅平サンホテル外観

菅平スイスホテル外観

チロリアンハウス外観
裏太郎ゲレンデのすぐ前にある菅平サンホテルは3年前よりショートスキーによる修学旅行やスキー学習体験などスキーによる冬の自然体験学習を積極的に取り入れております。

より安全、安心にまたスキーの技術が早期に体得出来、スキーの楽しさが倍増する効果が出ており、生徒や学校からも喜ばれております。
表太郎ゲレンデに直結している菅平スイスホテルは併設のスキー学校を持ち、グループ、団体等のジュニアのスキーレッスンや修学旅行の生徒達へのスキー体験学習について、深い知識と経験により、独自のノウハウを持ち、

生徒たちに絶大な信頼をもたれ、毎年菅平スイスホテルにスキー体験学習に訪れる学校も多い。
斑尾高原スキー場は上部の非圧雪ゾーンは快適パウダーの世界です。
ツリーランコース、シアターコース、忍者コースなどコースの多彩。

チロリアンハウス灯では120cmから140cmの快適ショートスキーの最新のレンタルを揃えております。
斑尾のパウダーで是非楽しんで下さい。