白砂山 2139m


途中より白砂山山頂部を望む
標高2139mの白砂山は長野県、群馬県、新潟県にまたがり、人里からは隠れており、その姿を容易に見る事が出来ません。

そのため幻の山とも呼ばれております。

長野県側は栄村に属し、平家の落人が移り住んだ土地ともいえ、奥山の印象があります。

登山道は出来ており、要所要所には道標も一部あります。

白砂山から先の登山道は整備されておらず、進入禁止の案内看板があります。

登山道脇には初夏から夏にかけては多くの高山植物が咲き、すばらしい花の旅を楽しむ事も出来ます。

車では野反湖の駐車場まで入る事が出来、そこから登山口が付いております。初夏から紅葉の季節まで楽しめる事が出来ます。



・所要時間
野反湖駐車場登山口-(50分)-地蔵峠-(1時間40分)-堂岩山-(1時間10分)-白砂山山頂
所要時間3時間40分

 野反湖駐車場より登山口に入る。しばらく行くとハンノ木沢への下りに入り、沢底に着くと仮設の橋があり、慎重に渡る。そこから地蔵峠まで登り返す。

地蔵峠では秋山郷に至る登山道と八間山に至る登山道と白砂山へ至る登山道の分岐となっております。
白砂山は道標通り、直進で白砂山登山道を行く。

樹林帯の眺望の効かない登山道をひたすら進む。とちゅうから大きく切り落ちた狭い沢伝いに行く、登り切ると堂岩山に着く。

 
標高2051mの堂岩山山頂にて

 堂岩山からは周囲の眺望も開け快適な尾根歩きが楽しめるが、アップダウンも厳しく、足元をよく確かめながらの登山が必要です。

笹も生い茂り、朝露に濡れた笹が容赦なく登山パンツを濡らすので、スパッツが必要になります。季節には多くの高山植物が咲き、目を楽しませてくれます。

 
途中より白砂山を望む

 
アップダウンを繰り返しながら行く登山者

 
山肌の紅葉もきれいに色付く

 
アップダウンが続く登山道

 
途中より左手方面に望める山々

 
奥に連なる山々(佐武流山?)

 
最後の登りを行く登山者

 
白砂山山頂にて

アクセス
[車]長野県側より 信州中野IC下車 志賀草津道路(R-292)草津温泉へ 草津より六合方面へ、野反湖へ、奥の駐車場へ
お問い合せ
中之条町役場六合支所 0279-95-3111



信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。

-いつまでも残したい信州の自然風景-
信州の旅.com」の読者が選んだ、信州の美しい自然風景やダイナミックな大自然が造り出した絶景の造形美をご紹介しております。

・季節の輝きを求めて
信州の季節が織りなす瞬間の美しさを画像にて一同に紹介し、楽しんでいただいております。


・周辺情報